埼玉で全身脱毛を受けれる脱毛サロンと医療脱毛をまとました。それぞれの特徴や料金プラン、口コミ評判を比較して紹介しているので、埼玉にある脱毛サロン選びにお役立てください。

基本情報

肌トラブルの原因にも!ムダ毛の自己処理のデメリット

更新日:

自己処理は楽だけど…!?

ムダ毛の自己処理は、自宅でいつでも好きな時にお手入れできるところが良いですよね。カミソリや毛抜き、ワックス脱毛などを使うお手入れは、脱毛サロンと比較すると費用がかからないところに魅力を感じる方もいるのではないでしょうか。こんなに手軽ならわざわざ脱毛サロンに通う必要性を感じないという方もいるかもしれません。しかし、楽に思えるムダ毛の自己処理は思わぬ肌トラブルの原因となってしまうことがあるのです。ここでは、ムダ毛の自己処理のデメリットについてご紹介したいと思います。

自己処理の種類とデメリットについて教えて!

カミソリのデメリット

カミソリは自己処理の中でも最も手軽で簡単なお手入れ方法です。市販の脱毛製品と違ってコスパが良いところも大きな魅力ですよね。しかし、皮膚はとてもデリケートな構造をしていて、同じ部分にカミソリを当て続けると皮膚の最も表面に位置する角質層にダメージを与えてしまうんです。

角質層は水分と油分のバランスを保ちながら外部の刺激から肌を守ってくれているのですが、カミソリで角質層が傷つけられると、水分を保持する働きが低下して乾燥しやすくなります。ムダ毛を処理できたとしても、肌がカサカサになってしまうなんて絶対に嫌ですよね。酷く乾燥した肌は、カミソリの刺激だけではなく衣服の摩擦でも刺激を受けやすくなるので注意が必要です。

ワックス脱毛のデメリット

ワックス脱毛はワックスが肌に密着した状態でほど良く固まり、ムダ毛を根元からしっかり抜くことができるので爽快な気分になります。また、ムダ毛の処理をしてある程度の期間は綺麗な状態を保てるところが魅力です。

しかし、肌に密着したワックスを一気に剥がす際に痛みを伴うので、痛みに弱い方からすると途中でうまく剥がせない場合もあるかもしれません。また、ワックスを剥がす時の肌への刺激が強いことから、角質層に大きなダメージを与えて肌が乾燥してしまうところがデメリットです。

毛抜きのデメリット

毛抜きはワックス脱毛と同じように根元からムダ毛を処理できますが、1本ずつ抜いていくため痛みを感じにくいところが魅力です。毛抜きさえあれば、いつでもどこでも気になった時にすぐにムダ毛の処理ができるなんて夢のような方法だと思ってしまいますが。

皮膚表面には無数にムダ毛が生えているので1本ずつ処理をするとなるとかなりの根気が必要となり、面倒なお手入れが苦手な方は途中で嫌になってしまうかもしれません。また、根元から抜けないムダ毛が皮膚の中に留まると、黒くブツブツした状態となって見た目が悪くなってしまいます。

自己処理による意外な肌トラブルとは?

黒ずみ(色素沈着)

カミソリでの自己処理は皮膚の表面のムダ毛しか処理できないので、肌表面が黒くブツブツした状態になり理想的な仕上がりとはほど遠い状態となってしまいます。また、皮膚の表面には角質層という肌の潤いを保つための大切な部分がありますが、カミソリを当てることによって角質層が少しずつ削られていくと肌の潤いを保てなくなり、乾燥して外部の刺激に弱い状態となってしまうのです。

皮膚は紫外線を浴びた時に肌を守ろうとしてメラニン色素を作り出しますが、これと同じようにカミソリによる刺激から皮膚を守ろうとする働きでメラニン色素が多く作られるため、カミソリで自己処理を続けている部分が色素沈着を起こして黒ずんでしまうことがあります。また、乾燥した肌はターンオーバー機能が低下しているため多く作られたメラニン色素が肌に留まり黒ずみがなかなか改善されないことがあります。

肌荒れ

カミソリや脱毛ワックスによる自己処理は、肌を外部の刺激から守ってくれている角質層の働きを低下させてしまいます。自己処理を続けることで肌が酷く乾燥すると、皮膚が外部の刺激から肌を守る手段としてメラニン色素を多く生成するだけではなく、不足している水分を補うかのように皮脂を多く分泌します。

すると、皮脂が毛穴に詰まって吹き出物が出来やすくなります。乾燥によって様々な肌トラブルを同時に引き起こしている状態を肌荒れと言いますが、これではムダ毛の悩みは和らいだとしても肌の悩みが増えてしまいそうですね。

埋没毛

毛抜きや脱毛ワックスなどでムダ毛を根元から抜いておけば、ある程度の期間ムダ毛が生えてこないので嬉しいですよね。ところが、ムダ毛を根元から抜いてしまうと埋没毛の原因になってしまうことがあるのです。

ムダ毛を無理に抜いてしまうと毛根がダメージを受けるだけではなく、毛の周辺の皮膚を傷つけてしまうことで皮膚が炎症を起こすことがあります。すると、皮膚が強い刺激に対応しようとする働きにより角質が厚くなってしまいます。

角質が厚くなると皮膚の中で毛が伸びて皮膚の外に出てこれない状態となり、この状態を埋没毛と呼びます。皮膚の下で成長を続けるムダ毛は外から処理するのが難しくなるため皮膚がブツブツと黒ずんだ状態となってしまうのです。

毛嚢炎

カミソリでの自己処理を続けている方の中には、皮膚が鳥肌のような状態になってしまうことにお悩みの方がいるかもしれません。古いカミソリを使用することで小さな傷から細菌が入り、赤く炎症を起こすことがあります。この状態を毛嚢炎と言って、皮膚が赤いニキビのようにブツブツした状態となり場合によっては痛みが生じることもあります。

美しい肌を保ちながらムダ毛を処理することが大切!

ムダ毛が気になる時は、どうしてもムダ毛を処理することばかりに意識を向けてしまうことがありますよね。手軽な自己処理の方法ほど肌に大きなダメージを与えてしまうなんて、まったく知らなかったという方が多いのではないでしょうか。ムダ毛がないだけではなく潤いのある滑らかな肌を目指すには、肌に負担を与えない適切な脱毛方法でお手入れすることが大切です。自己処理による肌トラブルが気になる時は、プロの技術による脱毛方法を検討してみると良いかもしれませんね。

-基本情報

Copyright© 【2018年】埼玉県で全身脱毛コースが安い脱毛サロン!口コミと料金を比較 , 2018 All Rights Reserved.